c u t i e m u m m y II

魚毛ヶ山奇  とどヶ崎

トラック高速無料で本州最北端は行ったので、最東端に行ってみるかな・・・・で、行ってきました。高速無料のうちに。
「高速無料なので行ってみる」ですけど、最東端ポイント魹ヶ崎灯台まで車では行けず、てくてく山行となります。
山行とは大袈裟でハイキングコースと呼ぶのが適切なのでしょうが、いかんせん・・・そのナマケ老体が不安で^^;

魹ヶ崎灯台へのアクセスは二つあるのですが、
震災の影響により重茂漁港与奈→種刺海岸→魹ヶ崎灯台間は利用不可らしいので姉吉キャンプ場からのアクセスになります。

んで、姉吉キャンプ場を目指して夜中-----日の出を魹ヶ崎で拝もうと-------トラックを走らせました。
くねくねクネクネとクネクネ道が続きます。エリーゼでも楽しめないようなクネクネ道です。
途中雪も残る細い道ですが対向車を気にすることもなくスルスルと走りました。


真っ暗な道をトラックのヘッドライトのみを頼りに走り、そろそろ姉吉キャンプ場あたりに到達したかな!?とナビをチラ見してたそのとき!!!


ギョギョギョ!!!


丸太が三つ並んでました。・・・・・ぷっつり切れてます→舗装路。
「やっぱ、やられてるか〜凹〜〜」  車を降りて闇を探りました。   「お、迂回路ができてる!」
なんとかキャンプ場先の漁港施設(跡)までトラックは行けました。パンク怖いけど。

他の津波被災地同様
あるはずのものは無く、見られること無いはずの建物コンクリート基礎面だけが迎えてくれました。

そして・・・・


最低でもあそこまでは水位があったわけか・・・・


かつての遊歩道入り口@Google画像検索(動画中の仮標識を映したアングル)


かつての遊歩道入り口を上から見た絵@Google画像検索(動画最後のアングル)




今回の震災をキッカケに有名となった石碑も拝んできました。


「高き住居は
 児孫に和樂
  想へ惨禍の
   大津浪
 此処より下に
  家を建てるな」

こちら参照http://4travel.jp/traveler/casa/album/10473833/

GoogleMap航空写真で見られる家屋は、ちゃんと石碑の西方面の高い位置にあります。

大きな地図で見る

このGoogleMap航空写真ではクッキリ仮設迂回路が写ってますが
私が下調べしている頃の航空写真は震災直後のものでした。
帰ってきてコレ見た感想→「三日前に更新しといてよ」です。タイミング悪かったっすね^^;






ちなみに、写真と動画は帰るときに撮ったものです。


  1. 2012/03/21(水) 20:23:06|
  2. cheap trips|
  3. コメント:0

灯台元寒し

それではここで問題です。私はどこに来たでしょうか?

ヒント 東北高速無料今月まで

20120318170304


  1. 2012/03/18(日) 17:03:04|
  2. cheap trips|
  3. コメント:2